<第十五回 タカミチの世見話>2024年からはより”楽しみ”を重視しよう
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
タカミチです。
 
 
石川県能登半島地震で亡くなられた約50名の方々へ心よりご冥福をお祈りするとともに、怪我をされたり、断水や物資不足で苦しい避難生活を送られている被災者の方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
 
 
我が家は、大晦日から熱を出していた娘がほとんど回復して元気になりましたが、入れ替わりで妻が今日は一日中寝込んでいました。
 
 
熱は無く、頭痛と体調不良ですが、恐らく大晦日に発生したX5.0の太陽フレアによる、電磁波の影響の可能性が高いです。
 
 
この2017年以来の大規模フレアの影響で、能登半島地震は発生してしまいましたが、東日本大震災の時のデータからパターンを想定すると、まだまだ気が抜けない状態です。
 
 
次も能登半島とは限りませんので、防災意識を高めて静観していきましょう。
 
 
電磁波過敏症について妻は自覚がありませんが、電磁波過敏症の僕と同じタイミングで上記の不定愁訴に見舞われますので、ほぼ間違いなく電磁波過敏症だと感じています。
 
 
ということで、もちろん僕も昨日と今日は頭痛で頭が重たい状態ですが、電磁波放電カードを24時間身に着けていますので、寝込むほどではありません。
 
 
妻にも身に着けるように勧めたことがありますが、自覚が無いと面倒くさがって付けてくれません。。。
 
 
夫婦そろって電磁波過敏症というのも珍しいかも知れませんが、胃弱が進む体質変化もまったく同じタイミングで進んでいます。
 
 
去年の後半頃から、僕と妻はさらに食が細くなり、それまでは普通に食べられていた量でも胃もたれを起こすようになっています。
 
 
5年前から去年にかけて食事量は3分の1くらいになっていましたが、それがさらに半減に近い状態です。
 
 
例えば、僕の大好物はお餅で、年中お餅をかかさないように定期的に自分で杵でついています笑(市販のは美味しくないので)
 
 
5年前はきな粉餅やぜんざいを食べる際に、最低でも4個食べていましたが、今は2個食べると胃もたれするので今年からは1個になっています。
 
 
これは、妻もほぼ同じ状況ですが、2人とも胃カメラでは正常で病気ではありません。
 
 
昔は好きだった唐揚げやとんかつ、天ぷらなどの揚げ物よりは、野菜たっぷりの鍋や蒸し野菜が好物になっています。
 
 
妻と共通する電磁波過敏症と胃弱、これは霊化の進行が原因だと感じています。
 
 
つまり、今年からさらに、電子レンジの近くに居ると頭が痛くなったり、健康なのに食べる量が減る人が増えてくると感じます。
 
 
でもこれらは病気ではなく、肉体が弱り、霊体が強くなるために起こる現象ですので、心配することはありません。
 
 
僕たちは、弥勒の世元年である2039年までを目安に、体主霊従から霊主体従へと移行していきます。
 
 
これらの現象は、神様方による”スサノオの大祓”という岩戸開きのための大仕事が始まっている影響です。
 
 
いよいよ激動となる2024年からの時代を楽しく生きていくため必要なことは、森羅万象(神様)への感謝を思い出し、日々心を健やかにするよう意識して、当たり前の日常を大切に生きていくことです。
 
 
そうすれば、これから何が起きても恐れることはないでしょう。
 
 
そして、世の中の難事に気持ちが流されないように、可愛い動物を観て癒されたり、映画やおもしろ動画などを観て過ごしながら、冷静に世の中を静観していくことが大切な時代になっていきそうですね😆
 
 
ということで、YouTubeに「ぜんざい&おしるこチャンネル」を開設して、猫々動画第一弾を投稿しました笑🐱
 
仲良く揃ってもぐもぐタイム😽
 
ご飯後に仲良く遊ぶチャトランとサバ
 

その横でマイペースに毛づくろいするキジママ

 
 
 

ちなみに、収益化しなくても広告は表示されるそうです。。。

 
 
 
 

あなたの心に、常に太陽が在る事を祈りつつ。。

明日も善い一日となりますように😊

   

↓一日一回クリックで応援いただけると励みになります!あなたの感謝の和をシェアしてください↓

↓ほぼ日配信の通知を受け取るにはツイッター等のフォローをご利用ください↓