感謝心・不動心・自制心を持つことで、人生はより豊かになる
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
タカミチです。
 
 
「”3”は縁起が良い」と言われますが、この世は、”3”に基づいた関係性がもっともバランスが良いようです。
 
 
惑星間のバランスを示した「宇宙の3法則」と言われるケプラーの法則がありますが、その他にも、宇宙は「創造⇒維持⇒破壊」や、「表宇宙(現実界)・接点(心)・裏宇宙(霊界)」の関係で成り立っていたり、人間は「魂・肉体・内在神」という三位一体で構成されていたり、キリスト教の「父(神)・子(キリスト)・聖霊」の三位一体など、「3つのものが合わさって、1つの側面を持つ」という絶対法則により支配されているようです。
 
 
他にも、三位一体を挙げればたくさん出てきますが、今回は「心の三位一体」について書いてみたいと思います。
 
 
人生に悩みはつきものと言いますが、どれだけ精神的に強く成れたとしても、悩みは生まれます。
 
 
悩みは生まれますが、精神的なバランスが取れていれば、冷静で多角的な考え方により処理が出来るため、心が翻弄されなくなります。
 
 
この心のバランスに加えて、唯物的な我欲と上手く距離を取り、コントロールが出来るようになった時、それが”本当の幸せの状態”だと言えると感じます。
 
 
この心のバランスとは何か?と考えた時、次の3つが思い浮かびました。
 

<感謝心>

・大自然の恵みと、周囲の人々が居るからこそ、自分が生きられるという根本原理への感謝
・神様という高次のエネルギー体により、大宇宙が緻密な法則で運営されていることへの感謝
・自分という存在へ、DNAの連鎖を紡いできたご先祖様方への感謝
・自分を産み、育んでくれた両親や、人格形成を助けてくれた親族、恩ある人への感謝
・生きる喜びと活力を与えてくれる、動植物への感謝
 

<不動心>

・いかなる時も、自分自身を信じ続けるという確固たる信念
・自分は、他人の考えや評価ではなく、自分の考えと直感に基づいて生きるという覚悟
・たとえ不遇なことが発生しても、みだりに心を惑わせずに静観する努力をするという意思
 

<自制心>

・三大欲求や、煩悩に振り回されて横道に逸れ、人生の正道を見失わないようにする努力
・他人に対して、悪い思いを抱かないように気を付ける努力
・前向きな思考を放棄して、怠惰な生活に身を落とさないように気を付ける努力
・たとえ失敗しても自分を卑下せずに、成長のための大切な過程だと受け入れる努力
・意味もなく不安に絡めとられないように、”今、何が重要か”を見つめ、行動する努力
 
この、「感謝心・不動心・自制心」の3つの心のバランスが取れれば取れるほど、人生は安定に向かい、例えお金が無くても本当の幸せを感じることが出来るようになるでしょう。
 
 
こうしたことを考えながら、氏神神社である豊山八幡神社の”鉄の鳥居”に架けられた、鉄のしめ縄と鉄弓を観ていると、「この3つのバランスは”鉄心”だな」と感じました。
 
 
「人間とは鉄である」とも言い換えられます。
 
 
なぜなら、人間の動力源である血液は鉄(Fe・ヘモグロビン)だからです。
 
 
このことから、僕は「感謝心・不動心・自制心」を束ねた心を”鉄心”と呼ぶようにしています。
 
 
何か、参考になれば嬉しいです😆
 
 
 
あなたの心に、常に太陽が在る事を祈りつつ。。
 
明日も善い一日となりますように😊

   

↓一日一回クリックで応援いただけると励みになります!あなたの感謝の和をシェアしてください↓

↓ほぼ日配信の通知を受け取るにはツイッター等のフォローをご利用ください↓